カート
ユーザー
絞り込む
生産者から選ぶ
商品カテゴリ
コンテンツ

道の駅せせらぎ郷かみつえ

創り人 ヂビミソ/高畑芙紗子・原田京子

「ヂビとはジビエだけではなくて、地が美しいという意味もこめているんです」

現在、猪や鹿などの鳥獣被害で悩む山間地域は少なくない。どこの地域も鳥獣肉(ジビエ)として商品開発や料理に活用しているが、「地が美しいから」という思いを込めて商品作りを行っている方々に出会ったのは初めてだった。


「ヂビミソが完成するまでに何度話し合いをしたかわかりません」」

そういいながら笑うのは、道の駅せせらぎ郷かみつえの高畑芙紗子さんと、フードコーディネーターの原田京子さん。加工生産をしているのが高畑さんで、商品のコンセプトやレシピなど商品開発全般を行っているのが原田さんだ。
度重なる話し合い、これはお互いの「この地域を活性化させるために本当にいいものを創りたい」という思いから。もっと頑張ろう!と原田さんが高畑さんを、高畑さんが地域の人々を奮い立たせながら1年以上かけて商品作りを行ってきたそうだ。

ジビエと味噌を合わせた中に山椒やゆずを入れている。食欲がわいてくる香りと味噌の味つけがたまらない。白いごはんに合わせるとごはんが何杯でも食べられる一品だ。

この商品が地域経済の起爆剤になれば・・・と話す高畑さんの横で「そうなるように頑張ろう!」と元気づける原田さん。かみつえの名品がこうして出来上がっていく。

大切な方にこそ、想いのこもった贈りものを。
これからも続く、日田の名品を作る、ひた創り人。

創り人 ヂビミソ/高畑芙紗子・原田京子

2商品