カート
ユーザー
絞り込む
生産者から選ぶ
商品カテゴリ
コンテンツ

本野はきもの工業

創り人 本野はきもの工業/本野雅幸

「田舎にいたって工夫次第で世界は拓けるんだなと、下駄作りを通して感じています」

現在テレビや雑誌で引っ張りだこの、日田の下駄王子こと本野雅幸さん。下駄を作る職人さんの中でも、異業種とのコラボ作品を数多く作り、下駄の魅力や可能性を国内のみにならず海外へも発信している。


そんな本野さんの原点は、時代の変化とともに下駄を履いてもらう機会が減っていく中で「どうやったら下駄を日常生活の中で使ってもらえるようになるんだろう?」という疑問だったという。下駄はとても履きやすいし気持ちがいいのに・・・そう思って「洋服にも合う下駄」を作ったら、若い人たちの間で広まりメディアの注目を集めるようになったそうだ。 それから、ミュール下駄や作家さんとのコラボ下駄を数々発表。本野さんの店舗には日常の洋服にもパーティドレスにも合うような、魅力的な下駄がたくさん並ぶ。

今回の下駄王子のオリジナルギフトも、本野はきもの工業オリジナルの白下駄。 木に色をつけず白いまま使用し、清潔感のあるとてもさわやかな下駄だ。


「伝統的なものも新しいものも両方作っていきたい」

本野さんの挑戦は続く。福岡県朝倉市の伝統的工芸品である、藍染甘木絞りを使った新作である。鼻緒は甘木絞りで染めあがった生地から作り、杉の木目と藍色がとても美しい。日田の資源<木>を使った下駄作りがこれからも楽しみだ。

大切な方にこそ、想いのこもった贈りものを。
これからも続く、日田の名品を作る、ひた創り人。

創り人 本野はきもの工業/本野雅幸

4商品