カート
ユーザー
絞り込む
生産者から選ぶ
商品カテゴリ
コンテンツ

織工房en

創り人 織工房en 渡邊史織

「三隈川の夕焼けの色、山々の色、日田の色が私の作品作りの原点です」

織工房enを主催する渡邊史織さん。
伝統的な染織技法にこだわった温かみのある手織り作品を、地元日田で作り続けている。その実力が評価され西部伝統工芸展で入選を果たすなど、今多方面での活躍を見せている創り人だ。

大学時代を東京で過ごし、帰ってきてから本格的に織りの世界に入ったという渡邊さん。作品作りの原点は日田の色。幼いころから眺めていた何気ない景色が、都会に行って初めて美しい事を知ったという。「この雰囲気を表現したい」そこから渡邊さんの作品作りに火がつき、糸から自然材料で染める織物作りが始まったそうだ。

「この淡い白色はおばあちゃんの庭にあった白木蓮で染めた糸なんです」

上品さの中にどこか温かみを感じるのは、自然素材を中心に染め手織りをしているから。「工芸は使うことを前提に作られるものなので、日常使いができることを大切にしています」と、すべて一点ものだからこそ、大切に使ってもらいたいという願いを込めて織っている。

大切な方にこそ、想いのこもった贈りものを。
これからも続く、日田の名品を作る、ひた創り人。

創り人 織工房en

6商品